看護師のキャリアアップ

キャリア制度

キャリア制度について

新人支援体制

新人研修を終了後は、看護実践力を育成していくため、日本看護協会のラダーに基づき、CN1を目指す看護師、CN2を目指す看護師への教育を行っています。
また、CN3以降に関しては、院外での研修等も活用し、看護実践力だけでなく管理的な視点等を育成できるようにしています。

日本看護協会のラダー

有資格者メッセージ

木村 保美

保有資格:
  • 特定看護師
  • 公益社団法人日本看護協会認定 クリティカルケア認定看護師
資格取得を目指した理由

急性期看護を実践していくうえで、もっと深めていきたいと考え集中ケア認定看護師を目指しました。資格取得し3回の資格更新を行い、これからどのような道を進めばよいのか考えているときに特定行為研修が始まりました。多職種との連携や様々な役割への関心があり、特定行為4分野9行為の研修を修了しました。新たな役割に向け、今は試行錯誤していますが、職種間の懸け橋となり、知識・技術を生かせるようにしていきたいと考えています。

資格を活用した、現在の活動について

今は、看護師長という立場もあり、組織横断的な活動を行っています。教育担当という立場もあり、教育的な視点を生かしながら、患者ケアだけでなく指導的な立場として、組織の看護の質向上に向けて活動しています。

今後、どのようにご活躍について

今後の活動については、特定看護師の後輩を作っていくとともに、看護の質向上に向けた活動をしていきたいと考えています。

木村 保美

木村 慶子

保有資格:
  • 公益社団法人日本看護協会認定 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
資格取得を目指した理由

脳卒中の後遺症は、看護師の関わりで予後に影響を及ぼします。急性期から、その後の回復期、生活期を見据えての支援が必要であり、幅広く知識を得たいと思いました。

資格を活用した、現在の活動について

現在は、移動したばかりで活動できていませんが、急性期脳梗塞患者のケアを通して、今後の活動を考えているところです。

今後、どのようにご活躍について

患者のセルフケア支援を支える看護師を育てたいと思います。

木村 慶子

竹村 美歩

保有資格:
  • 公益社団法人日本看護協会認定 感染管理認定看護師
資格取得を目指した理由

原疾患に対しての治療が順調であっても、その後、様々な理由で感染症により療養期間が長引いてしまうことがあります。その期間を職員の観察やケアで少しでも短縮することができないかと思い、感染管理に興味を持ち、その延長として資格取得をしました。

資格を活用した、現在の活動について

専従者として院内の感染対策に従事しています。2020年からはCOVID-19対策が中心となりますが、患者さん・職員が安全に過ごせるような環境を整えられるよう活動しています。

今後、どのようにご活躍について

引き続き、今までの活動を継続していきたいと考えています。

秋山 幸恵

保有資格:
  • 公益社団法人日本看護協会認定 慢性心不全看護認定看護師
資格取得を目指した理由

多くの循環器疾患の患者さんと関わる中で繰り返し入院をする患者さんがご自身の病気や管理の仕方がわからずに過ごしているのではないかと思うことが多くありました。自分の病気を理解し自分にあった生活管理方法を知ることができれば入院をせず自宅で豊かな生活を送ることができるようのではないかと思い、さらなる知識の習得と指導スキルを学ぶために認定を取得しました。

資格を活用した、現在の活動について

医療支援連携室に所属し入院中の患者さんへ退院後を見据えた生活指導を実施し、実際に退院後の自己管理支援を外来・外来リハビリ時に行っています。 また、訪問看護ステーションやケアマネージャーと連携し循環器疾患特有の在宅療養環境の支援や地域へ心不全管理についての情報共有を行っています。

今後、どのようにご活躍について

心臓の病気というと減塩など制限が多いイメージですが、今はもう制限指導は時代遅れです。患者さんの生活にできるだけ合わせたオリジナルな生活指導を実施することが大切になってくると思っています。
心不全管理は特に多職種との連携が重要なためチーム力を大切にしています。

大森 智美

保有資格:
  • CNE(Clinical Nurse Educator:クリニカルナースエディュケーター)
資格取得を目指した理由

毎年、新しい看護職員を迎える中で、看護をどう教えていくのかと言うことに課題を感じていたので、“看護を教える”ことを専門的に学び、スペシャリストを目指したいと思いました。

資格を活用した、現在の活動について

看護部に所属し実習臨床教育担当看護師として、組織横断的に看護学生や新卒看護師、2年目以降のあらゆる世代の看護部職員に対して臨床での学びを支援できるように活動しています。

今後、どのようにご活躍について

各部署の教育的支援を担う看護職員への教育的支援や教育的な臨床環境を整える取り組みを通して、あらゆる世代の看護職員が働きやすいと思える環境作りに貢献したいと思っております。

大森 智美
私たちと一緒に働きませんか?
私たちと一緒に働きませんか?

病院見学会・インターンシップを随時行なっています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

TEL:044-722-2121 受付時間:平日 9時〜16時